Instagram Twitter Facebook

スイーツ好き、かわいいモノ好きの気分をいつだって急上昇させてくれる、映えスイーツの王様・パフェ。

今回は、大分県民が愛する「映えるパフェ」を徹底リサーチし、SNSや口コミでとくに人気の高い5店を県内各地からピックアップしました。老舗の定番から旬の素材をたっぷり使った創作パフェまで、個性あふれるラインナップをご紹介します。

ランズ珈琲(カフェ)

プリンとクリームの乗った「ランズカフェ・ア・ラ・モード・パフェ」
ランズ珈琲名物〈ランズカフェ・ア・ラ・モード・パフェ〉858円。純喫茶らしい、甘くてほろ苦い味わいです。

2021年7月、若者向けのパフェ専門店から喫茶店へと生まれ変わった創業40年の〈ランズ珈琲(カフェ)〉。名物のパフェはそのままに、コーヒーやケーキ、軽食などの純喫茶らしいメニューが揃い、パフェ目的でなくても気軽に立ち寄れるお店になりました。

もちろん、リニューアルした今もパフェのラインナップは常時100種類以上! 大分県産かぼす果汁などこだわりの食材を使用した〈自家製バスク風チーズケーキパフェ〉や、金魚鉢に具材が山と盛られた〈金魚鉢パフェ〉などなど、私たちが思い描く“パフェ像”を超えるクオリティのメニューがずらりと揃います。

迷ったときは看板メニューの〈ランズカフェ・ア・ラ・モード・パフェ〉を選べば間違いなし。ソフトクリームやフルーツ、アイスクリームの上に、全国的にも有名な大分県産〈蘭王たまご〉を使用したどっしり食感のプリンが乗った贅沢な一品です。

Information
ランズ珈琲 府内町店(別府店もあります)
address:大分県大分市府内町3-3-13 D-Style府内2F
tel:097-536-3082
access:JR大分駅から徒歩約10分
営業時間:11:30~21:00
定休日:なし
web:ランズ珈琲 公式ホームページ

カフェビヨリ

焼き芋ブリュレパフェ
甘くて熱々の焼き芋をブリュレ風に仕上げ、ソフトクリームと紫芋のアイスをトッピングした〈焼き芋ブリュレパフェ〉1000円。

日田駅から少し離れた路地にお店を構える〈カフェビヨリ〉は、パフェが目玉の人気カフェ。なんと常時50種類以上のパフェが揃い、ソースやシリアル、トッピングまで自分で選べる「カスタマイズパフェ」まで楽しめちゃうお店なんです。

なかでも人気のレギュラー商品は〈ソフトパフェ〉950円。パフェの上にうず高くソフトクリームが盛りつけられており、その高さは全部で30センチになるのだとか! チョコやフルーツなどたくさんのラインナップがあるので、好みのお味でこの驚きを体験できます。

秋冬には、温めたスキレットの上に、ブリュレのように香ばしく焦がしたカスタードクリームをトッピングした紅はるかと、紫芋のアイスクリームを乗せた〈焼き芋ブリュレパフェ〉も登場予定。冷たいアイスと温かいお芋が口のなかでとろけ合う、これからの季節にピッタリの一品です。

日田市内のパフェを効率よく楽しめるマップ〈日田パフェマップ&クーポン〉にも掲載中です。

Information
カフェビヨリ
address:大分県日田市三本松1-1-27
tel:0973-28-6570
access:JR日田駅から徒歩約7分
営業時間:月〜木曜 11:30〜21:00(20:45L.O)
金・土曜 11:30〜22:00(21:45L.O)
定休日:日曜
web:カフェビヨリ インスタグラム

Cafe Least(カフェ リースト)

マロンモンブランパフェ
お店ダントツ人気のモンブラン(800円)がパフェの形で楽しめる!? 〈マロンモンブランパフェ〉1400円。

昨年夏にオープンするやいなやInstagramで大人気になった〈Cafe Least(カフェ リースト)〉。グレーを基調にした店内は雰囲気抜群で、ドリンクやスイーツは彩りも盛り付けも芸術的な美しさ。思わず写真を撮りたくなる気持ちもうなずける「映えるカフェ」です。

そんな〈Cafe Least〉の人気メニューのひとつが、パフェ。抹茶パフェやチョコレートパフェなどの定番商品も見逃せませんが、一番のおすすめは“季節のパフェ”です。特に、秋限定の〈マロンモンブランパフェ〉は提供開始前に問い合わせがくるほどの人気ぶり。トップのモンブランクリームと甘露煮はもちろん、実やクリームをふんだんに使用した、栗を存分に堪能できる一品となっています。

昨年冬からパフェのテイクアウト販売も行っており、混み合う週末も食べ損ねる心配なし。中サイズと大サイズから選べるので、気分に合わせて選べます。

Information
Cafe Least
address:大分県大分市木上387-3 オンリー不動産 2F
tel:090-7983-1100
access:JR豊後国分駅から車で約6分
営業時間:11:00~17:00
定休日:不定休
web:Cafe Least インスタグラム

Cafe GreenBrown(カフェ グリーンブラウン)

秋のフルーツパフェ
今年9月に提供された、豊後大野市産イチジクとシャインマスカットを使用した〈秋のフルーツパフェ〉。パフェは定番から季節ものまですべて同価格の680円! 11:00~14:00のランチタイムには、食事とのセットでハーフサイズのパフェも提供しています。

豊後大野市千歳町の森の中にある〈Cafe GreenBrown (カフェ グリーンブラウン)〉は、大分県産の食材にこだわったカフェ。県産のお肉を使ったハンバーグと地元でとれた野菜が食べられるランチプレート、清川町にあるパン工房〈La Buca(ラブーカ)〉のパンを使ったサンドイッチ、スペシャルティーコーヒーの専門店〈タウトナコーヒー〉の豆を使ったコーヒーなどが味わえます。

パフェにも力を入れており、これまで何度もテレビなどに取り上げられるほど。手作りティラミスと抹茶アイスが乗った〈GreenBrownパフェ〉、自家製プリンがトッピングされた〈プリン・ア・ラ・モード〉など常時8種類が揃います。

なかでも旬のフルーツを使った季節限定のパフェは彩りも美しく大人気。地元で手に入る新鮮な素材を使用しているため、いつごろ・どんな内容のパフェが登場するかは一期一会のお楽しみ。気になる方は、公式インスタグラムで事前にチェックしてから行くのがおすすめです。

Information
Cafe GreenBrown
address:大分県豊後大野市千歳町下山878-3
tel:0974-27-5534
access:千歳ICから車で約3分
営業時間:10:00~17:00(ランチ11:00~)
定休日:木曜・第2水曜
web:Cafe GreenBrown インスタグラム

夕星(ゆうづつ)

秋ごろごろミルクティープリンパフェ
ミルクティーとカスタードブリュレの甘みが、さつまいものコンポートや栗の渋皮煮、りんごジュレなど秋の素材と絶妙にマッチした〈秋ごろごろミルクティープリンパフェ〉990円。

住宅街の一角にある小さなカフェながら、味も見た目もクオリティの高いパフェがInstagram上で話題となっている〈夕星(ゆうづつ)〉。

パフェは季節限定の1種類のみの提供で、秋にはやさしい甘さの栗や芋、ミルクティーと風味豊かなりんごジュレのマリアージュが楽しめる〈秋ごろごろミルクティープリンパフェ〉がオンメニュー。さつまいもと栗は杵築産が使用されています。年明けには〈ストロベリーココアパフェ〉も登場予定です。平日のパフェのみの注文は14時からなのでご注意ください。

ランチタイムの〈夕星プレート〉も人気メニューのひとつ。メインディッシュに副菜、スープ、たっぷりのサラダが付いたうれしいひと皿で、2~3週間ごとに内容が変わります。店頭では、テイクアウト用の焼きたてパンも販売しており、ランチにカフェにお土産用にと、さまざまな楽しみ方ができるカフェです。

Information
夕星
address:大分県別府市上野口町30-16
tel:0977-27-5151
access:別府ICから車で約10分
営業時間:ランチ 11:00~14:00(14:00L.O.)、カフェ 14:00~17:00(16:00L.O.)、土曜・祝日13:00〜17:00(16:00L.O.)
*土曜・祝日はランチお休み(インスタグラム掲載の営業カレンダーを確認ください)
定休日:日曜、第2・4月曜
web:夕星 ゆうづつ インスタグラム

*価格はすべて税込みです

この記事をRT&Share
Twitter Facebook