やわらか湯たんぽアザラシタイプ
ニュース&コラム

かわいくって温かい!
〈ヘルメット潜水〉の〈クロッツ やわらか湯たんぽ〉

Posted 2021.02.15
Instagram Twitter Facebook

あの素材が湯たんぽに変身!

寒い冬の日の必需品「湯たんぽ」。湯たんぽといえばお湯を入れたあと、直接肌にあたらないよう容器を布などでくるんで使うのが一般的。

しかし、大分県国東市にある〈ヘルメット潜水株式会社〉がつくる〈クロッツ やわらか湯たんぽ〉はウェットスーツ素材でできているので、本体とカバーが一体化したような感じ。本体にお湯を入れて蓋をしたらそのまま使える便利な湯たんぽなのです。

やわらか湯たんぽのアザラシタイプを使用中

ウェットスーツに使用されるクロロプレンゴムの断熱性・保温性にすぐれた特性を生かしてつくられたこの湯たんぽは、高温のお湯を入れても熱すぎず、じんわりと肌に伝わる温かさ。

昔ながらの金属製やプラスチック製のように、直接肌に密着させ続けても低温やけどの心配はありません。これなら小さな子どもから年配の方まで安心です。

しかも、電気ポットに余った残り湯や、ストーブで熱されたヤカンのお湯を湯たんぽ用に再利用できるので、とってもエコで経済的。

実際に使ってみました

ブラウンとグレーのアザラシタイプ
箱を開けた瞬間「かわいい」とつぶやいてしまったアザラシ。大きさは40センチくらい。〈アザラシタイプ〉6820円(税込)。

どうしても実際の温かさを感じてみたいと思い、アザラシタイプをお取り寄せしてみました。色はグレーとブラウンの2色展開です。

湯たんぽにお湯を入れる
ロートにはコップのような持ち手もついているので、片手持ちでも安定してお湯が注げます。

お湯の注ぎ方はかんたん。アザラシのお腹部分にお湯の注ぎ口があるので、付属の専用のロートを取り付けてお湯を注ぎます。

アザラシタイプを抱えてゲーム中
ほどよい重さと温かさが、まるでネコを抱えて寝ているような癒やし気分に。

熱々のお湯を入れてしばらくすると、徐々に温かくなってきました。長い時間抱いていてもカイロのように熱すぎることもないうえに、ウェットスーツ素材特有のムニムニ感が気持ちいい! 冬のあいだ手放せなくなること必至の使い心地でした。


パンダの湯たんぽ
【 Next Page|なぜウェットスーツ素材
で湯たんぽ? 】

この記事をRT&Share
Twitter Facebook