しらゆりカップアンドソーサー
連載|食卓で使いたい、大分の手仕事

城下町・杵築でつくる“物語のあるうつわ”。
陶芸家・坂本和歌子さん | Page 2

Posted 2021.01.29
Instagram Twitter Facebook

毎日使いたくなる“スタメン”なうつわをつくりたい

軽くて強くて品がいい。そんなティーポットやカップは、陶器と磁器の中間の性質をもつ「半磁器土」でつくられています。

「陶器のやさしさと磁器の冷たい美しさを併せもつところが好きで、学生のときからずっと使っています」と話す坂本さんに、うつわをつくり始めたきっかけを尋ねたところ、「好きなうつわ作家がいたわけでも、誰かに弟子入りしたわけでもなくて……」と意外な答えが返ってきました。

土を練る作業
土は、陶器の温かみと磁器の強さをもつ「半磁器土」を使っている。
菊練りと呼ばれる工程
土を練ることで、中に含まれる空気を出す「菊練り」の工程。

「昔から美術が好きで、高校でデザインを学び、大学で陶芸を専攻したんですね。そしたら楽しくておもしろくて夢中になってしまって、学校に泊まりこんで夜中じゅうつくり続けたこともしばしば。卒業後、いったん事務系の仕事の就いたものの、ちょっと時間が空くたびに陶芸のことを考えている自分に気づいて、26歳のときに独立しました」

ろくろ作業
この日はろくろを使ってうつわを成形。手びねりでつくることもある。

力を込めて練りあげた土をろくろの上にドンと置いて、「最初はマグカップをつくりますね」「次はカフェオレボウル」と次々にうつわの形を生み出す坂本さん。

「大切にしていることですか? めざしているのは毎日使ってもらえるうつわ。つまり“スタメンでいられるうつわ”です」

それを具体的に言うならば、まず“丸み”。

「見たときに美しさを感じる丸みと、持ったときの心地よさをもたらす丸み。両方を大切にしたいんです。それから、重いと手に取る回数が減りがちだと思うので、適度な軽さ。そのうえで、使っていて安心できるどっしり感も欲しい……よくばりですね」

完成したティーポットや一輪挿し
目にも手にも心地いい“丸み”をもつこと。それが坂本さんのうつわの魅力。

「色はやっぱり白が好き。白はうつわのフォルムをきちんと見せてくれるから。そして、真っ白ではなくて、ちょっと温かみのある白に惹かれます」

つるんとした滑らかな白は、自ら調合した釉薬によるもの。時々、カップの縁の釉薬だけが少しかすれて、素地の土色が見えているのもカッコいいのです。

カップアンドソーサー
〈しらゆりカップアンドソーサー〉。ソーサーはリムがあって持ちやすく、皿としても使いやすいデザイン。カップW14×D10×H7cm・ソーサーφ13.5cm 5500円(税込)
ティーポット
〈まほうのティーポットA〉。こすったら妖精が出てきて願いを叶えてくれそうなフォルム。W24×D16×H15cm 13200円(税込)
オムレツがのったプレート
〈たまごプレート〉。ホテルの朝ごはんみたいな小さいオムレツが似合う楕円プレート。W22×D16.5×H1.5cm 4180円(税込)

紅茶も卵料理も映える白いうつわとは別に、4~5年前からつくり始めたのがブルーのうつわです。

「何年か前に沖縄を旅したときの印象が忘れられなくて。深い青から鮮やかな青まで、いろんな青がグラデーションになった“うみいろ”のうつわをつくりました」

そういえば“うみいろ”という色名も含め、どのうつわにもチャーミングな名前がついているのが印象的。

「物語の中に登場するうつわをイメージして名前をつけています。うつわを使ってくれる人の日常に小さな物語が生まれるような、そういう存在になれたらいいなといつも思っているんです」

まんげつプレート
〈まんげつプレート〉。幾重にも重なった青のグラデーションが美しい。φ18cm 4620円(税込)
おはなプレート
〈おはなプレート・大(うみいろ)〉。パンにもケーキにも和菓子にも。W24×D20×H2cm 4840円(税込)

kamomeで販売されている花器
【 Next Page|坂本さんのうつわを
扱うフラワーショップ 】

この記事をRT&Share
Twitter Facebook