カフェ〈テテオ〉の「テテオ・プレート」と「ショコラ・ショー」
連載|地元誌が教えてくれた、大分グルメの巡りかた

人気の観光地・由布院で
立ち寄りたいカフェ!
地元誌が選ぶ5店

Posted 2022.10.28
Instagram Twitter Facebook

大分県の中でも屈指の人気を誇る観光地・由布院。全身を癒やしてくれる温泉はもちろん、店主のこだわりと情熱が詰まったベーカリー、優雅なティータイムが楽しめる、おしゃれなカフェなどが点在し、お楽しみ満載です。今回は由布院に来たなら立ち寄りたいカフェ5選をお届けします。

湖畔でゆったり映画のような朝食を〈CAFE LA RUCHE〉

〈CAFE LA RUCHE〉の「モーニングプレート」
「モーニングプレート」1430円。寒い朝でもあえてテラスでコーヒーの湯気とともに楽しむのもいい。

由布院を代表する観光スポットである「金鱗湖」。そのほとりに佇むベーカリーカフェが〈CAFE LA RUCHE(カフェラリューシュ)〉です。焼きたてパンの香りに誘われて店の奥へ進むと、季節や時間帯によって違った表情を見せる湖の幻想的な風景が広がります。

自家焙煎コーヒーやクロワッサン系の手づくりパンを提供するこちらのカフェは、イートインもテイクアウトも可能。ここでぜひとも注文したいのが「モーニングプレート」。デニッシュ食パンにサラダ、オムレツ……贅沢なワンプレートについつい気分も高まります。

〈CAFE LA RUCHE〉外観
オリジナル商品のテイクアウトはもちろんネット通販も充実しているので、HPをチェック。

2階のギャラリーには、個展などの期間限定イベントやさまざまなメーカーとのコラボ商品も登場。自分の心に耳を傾けてお気に入りの席で気ままに過ごす、そんな由布院の朝はいかが?

Information
CAFE LA RUCHE
address:大分県由布市湯布院町川上1592-1
tel:0977-28-8500
access:JR由布院駅から車で約6分
営業時間:9:00~17:30(17:00L.O.)、日曜・祝日8:00~ ※モーニングは10:30まで
定休日:水曜
web:CAFE LA RUCHE

おこもり感が心地いい空間でゆるやかな時を
〈雑貨&喫茶 naYa〉

〈雑貨&喫茶 naYa〉の「なにかのタルト」
「なにかのタルト」525円〜。フルーツは季節により変わります。

金鱗湖のほど近く、緑がいっぱいのロケーションに、木々に隠れるように佇むのが〈雑貨&喫茶 naYa〉。その名のとおり「納屋」からインスピレーションを受けていて、落ち着きがありつつも、好奇心をくすぐる雰囲気を醸し出しています。

「なにかのタルト」は、アーモンドクリームとカスタードクリーム、季節のフルーツがたっぷりとのったお店の人気メニュー。ドリンクは、自家製ジンジャーエールやこだわりのコーヒーといったラインアップ。「地元の人にも気軽に来てほしい」という店主・辻彩子さんの思いが詰まった手頃な価格設定もうれしい限りです。

〈雑貨&喫茶 naYa〉の店内
木の温もり溢れる空間で穏やかな時間を過ごせそう。

窓の向こうの自然を眺めながらひと息。食後には、店内に並んでいる地元作家のアートや雑貨を見るのもオススメです。

Information
雑貨&喫茶 naYa
address:大分県由布市湯布院町川上1774-2
tel:0977-75-9760
access:JR由布院駅から車で約4分
営業時間:10:00~17:00(16:30L.O.)
定休日:金曜(祝日の場合は営業)
web:Instagram|@naya_0620

アート鑑賞後に訪れたい、緑に囲まれたティールーム
〈山荘 無量塔 thé théo〉

チョコレートやマカロンなどがのった「テテオ・プレート」とホットチョコレートドリンク
「テテオ・プレート」1100円、「ショコラ・ショー」(カップ750円・ポット1400円)

“由布院御三家”のひとつに数えられる人気旅館〈山荘 無量塔(むらた)〉の敷地内にあるカフェ〈thé théo(テテオ)〉。音楽をテーマにしたミュージアム〈artegio(アルテジオ)〉に隣接していることもあって、店内にもさまざまなアートが散りばめられています。

心地よくて美しい、そんな感性が刺激されるスタイリッシュな空間では、ランチやスイーツ、ティータイム……と幅広い層が思い思いの時間を過ごしているのが印象的。

カフェ〈テテオ〉のテーブル席
美術館に併設されたカフェ。庭を眺めながらのんびり過ごして。

おすすめはオリジナルのチョコレートや焼き菓子などを盛り合わせた「テテオ・プレート」や、最高級のクーベルチュールを使用したホットチョコレートドリンク「ショコラ・ショー」など。アート鑑賞後の休憩に訪れたい、上質な空間のティールームです。

Information
山荘 無量塔 thé théo
address:大分県由布市湯布院町川上1272-175
tel:0977-28-8686
access:湯布院ICより車で約10分
営業時間:10:00~16:30
定休日:水曜
web:アルテジオ

旬のフルーツが彩るスイーツでひと休み〈コミチカフェ〉

ブルーベリーを使った〈コミチカフェ〉のパフェ
「季節のパフェセット(ドリンク付き)」1100円。写真はブルーベリー。

食べ歩きグルメやお土産にぴったりなお店が並ぶ「湯の坪街道」から一歩奥に入った小路沿いにあり、入り口を彩る四季折々の花と看板犬のチェリーちゃんがお出迎えしてくるカフェ。愛犬との同伴もOKなので、ペット連れにもうれしいお店です。

植物が飾られた〈コミチカフェ〉の入口
地元の食材を使ったランチもオススメ。

おすすめはイチゴやブルーベリーなど、時季に応じて内容が変わる「季節のパフェセット」。フワフワ食感と卵の風味、旬のフルーツを楽しめる「フレンチトーストセット」も人気です。どちらもドリンクつきなので、甘いスイーツと一杯一杯丁寧にドリップされたコーヒーをおともに、由布院散策の小休憩はいかがですか?

Information
コミチカフェ
address:大分県由布市湯布院町川上3001-8
tel:0977-84-2611
access:JR由布院駅から徒歩約10分
営業時間:9:00~17:00
定休日:水曜、第3木曜
web:Instagram|@komichicafe_yufuin

由緒ある宿のカフェでコーヒー&スイーツを
〈由布院 玉の湯 ティールーム・ニコル〉

〈ティールーム・ニコル〉のアップルパイ
スライスしたリンゴが美しく並ぶ「アップルパイ」680円。コーヒーとのセットは1230円。

山荘 無量塔と同様、“由布院御三家”のひとつに数えられる最高級旅館〈由布院 玉の湯〉。そのエッセンスを散りばめたカフェこそが〈ティールーム・ニコル〉です。山の自然を間近に感じられるアプローチを抜け、扉を開けると……店内にはテーブル席がわずか3つしかなく、まるで自分たちのためだけに用意されたかのような贅沢な空間が広がっています。

〈ティールーム・ニコル〉の窓に面したテーブル席
四季の移ろいを間近に見ることができる店内。

ここのコーヒーは、福岡・大宰府の名店〈蘭館〉が、このお店のためだけにブレンドして焙煎したもの。ふくよかでフルーティーなモカベースの味わいが特徴的です。名物の「アップルパイ」をはじめとするスイーツとぜひ味わってみてください。

Information
由布院 玉の湯 ティールーム・ニコル
address:大分県由布市湯布院町川上2731-1
tel:0977-84-2158
access:JR由布院駅から車で約3分
営業時間:11:00~14:00(13:00L.O.)
定休日:土・日曜、祝日
web:由布院 玉の湯

由布院の旅をカフェ時間でさらに豊かに

美しい景色を楽しむもよし、おいしいスイーツに舌鼓を打つもよし、オーナーと仲良くなるもよし。一期一会の旅だからこその「出合い」があるはず。今回紹介した5軒以外にもたくさんのカフェがあるので、ランチや散策の合間にぜひお気に入りを探してみてくださいね。

*価格はすべて税込です。

credit edit:シティ情報おおいた編集部

この記事をRT&Share
Twitter Facebook