〈洋菓子工房 アンティーク〉のVEGEタルト
連載|地元誌が教えてくれた、大分グルメの巡りかた

こだわり素材や魅惑のパフェも!
旅の目的になる
大分県の人気スイーツ8選

Posted 2022.09.09
Instagram Twitter Facebook

瀬戸内海の影響を受け、九州の中でも比較的温暖で穏やかな気候の大分県。そんな環境で育った果物や野菜など、地元の食材を使ったスイーツも人気。また、別府や由布院などには観光客に人気のカフェも多く、そこでは魅力的なスイーツメニューを提供しています。今回はそんな県内各地の人気のスイーツたちをご紹介します。

見た目もカラフルな人気スイーツ3店!

四季の移ろいを感じる甘美なスイーツ
〈エクレア専門店 アカゲラ〉

〈エクレア専門店 アカゲラ〉の各種エクレア
「エクレア」390円~。持ち帰りの場合は保冷バッグやクーラーボックスのご用意を。

色とりどりで華やか、季節によって表情を変える、どこか都会的な気品のあるエクレアをいただけるお店があるのは、緑に囲まれた宇佐市の里山。古民家にかかるのれんに誘われて中へ入ると、どこか懐かしい和室のカフェスペースが。

九州産の生クリーム、バター、小麦粉など素材にもこだわったエクレアは、それぞれの食材に合わせてサンドするクリームやカスタードなどを変えることで、おいしさを引き出しています。

〈エクレア専門店 アカゲラ〉の入口
店名にもなっている野鳥「アカゲラ」がモチーフののれんが目印。

パフェや焼き菓子などもあり、窓から覗く四季折々の自然とともに楽しむことができます。完全予約制なので、事前に電話もしくはメールをお忘れなく(もちろん持ち帰りも)! 日頃の喧騒から離れてスイーツと向き合う至福のひとときを堪能してください。

Information
エクレア専門店 アカゲラ
address:大分県宇佐市院内町副531-1
tel:070-2347-5152
access:安心院(あじむ)ICから車で約9分
営業時間:11:00~17:00 ※利用前日17:00までの完全予約制
定休日:水~金・日曜
web:エクレア専門店 アカゲラ

山の洋菓子店で、米粉&野菜のタルトを
〈洋菓子工房 アンティーク〉

〈洋菓子工房 アンティーク〉の〈VEGEタルト〉6種類
〈VEGEタルト〉各300円。ギフト用6本セット2100円も。

木々が生い茂る山道をぐんぐん上っていくとぽつりと現れる、山あいのパティスリー。ショーケースにズラリと並ぶ、米粉や野菜などを使った地産地消のスイーツが評判です。

〈洋菓子工房 アンティーク〉外観
米粉からつくるやさしい味わいのスイーツがそろいます。

なかでもこのお店の特徴を表しているのが〈VEGEタルト〉。タルト生地には甲斐公洋オーナーシェフが田んぼで育てた〈ヒノヒカリ〉(低農薬・有機肥料)の米粉と、しいたけ、ほうれん草、紫芋、かぼちゃなど、豊後大野市産の野菜パウダーを使用し、季節替わりで6種類のバリエーションが楽しめます。

米粉の軽い口当たりと、生地の中に潜むライスパフのサクサク感が楽しいスイーツです。自分用にはもちろん、彩りもかわいらしいのでギフトにも喜ばれそうですね。

Information
洋菓子工房 アンティーク
address:大分県豊後大野市緒方町天神50
tel:0974-24-4512
access:JR緒方駅から車で約5分
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜
web:ふる里 洋菓子工房 アンティーク

季節で顔を変える個性派大福を買いに〈大福庵〉

〈大福庵〉のフルーツや野菜を使った大福
「アメリカンチェリー」480円など。季節によって価格変動があります。

スタイリッシュな店内に並ぶ色とりどりの大福は、王道の「塩豆大福」をはじめ、オリジナルの「わらび大福」など常時10~12種類が登場します。

なかでも、アメリカンチェリーやキウイのほか、地元産のいちじく、ブルーベリーなど季節の果物を贅沢に使った「フルーツ大福」は、もっちりふわふわの求肥と甘さ控えめの白あん、フルーツの爽やかな果汁が合わさって、ひと口食べれば幸福な気分に。

〈大福庵〉の店内
一見、和菓子屋さんとは思えない白を基調としたオシャレな店内。

お店を営むのは、中津や福岡、海外などで和菓子づくりに携わってきた職人歴20年以上の店主・小野加留磨さん。使用するフルーツは小野さんが自ら県内や福岡県の農園から仕入れるなど、素材へのこだわりもひとしおです。自分へのご褒美やちょっとした手土産に、四季折々に変わる大福はいかがですか?

Information
大福庵
address:大分県中津市中殿町3-1-1
tel:0979-64-6691
access:JR中津駅から徒歩約5分
営業時間:10:00~17:00 ※売り切れ次第終了
定休日:月曜
web:Instagram|@daifuku_an

〈つなぐ茶屋〉の「お茶屋さんのパフェ 八女抹茶とマスカルポーネ」
【 Next Page|ボリューム◎のパフェ系も見逃せない 】

この記事をRT&Share
Twitter Facebook